受賞スピーチで授賞式そのものをネタにしたコメディアン、ジェリー・サインフェルド

サインフェルドと言えば、90年代のアメリカを代表するコメディアンだろう。ネット時代突入前のアメリカでは、テレビに出ることがまさしく出世街道だったわけだが、地上波ではナイトショーの余興にせいぜい5~6分しか出られなかった彼に、ケーブルチャンネルのHBOが1時間のスペシャル番組を用意したことから彼の快進撃が始まった。そんな彼がHBOの授賞式でしたスピーチがユーモアたっぷりで素晴らしい。

まずは英語が分からなくても良いから、彼が真顔で言うジョークに他の出席者が笑いをこらえきれない様子を見てほしい。その後で日本語訳を見るとその訳がわかると思う。

Awards are stupid by Jerry Seinfeld

(At) moments like this, I would like to quote my good friend, Carl Reiner, who has often said to me you don’t give awards to comedians. First of all, comedians don’t need awards. Awards are for people that are looking for work. We are not looking for work. If you’re any good as a comedian, you’ve got tons of work. We’ve all got wrinkled suits and smelly shirts from packing and unpacking and schlepping all over the goddamn country doing ten million different kinds of gigs. And, secondly, and even more important is your whole career as a comedian is about making fun of pretentious, high-minded, self congratulatory BS events like this one. The whole feeling in this room of reverence and honoring is the exact opposite of everything I have wanted my life to be about. I really don’t want to be up here. I want to be in the back, over there, somewhere over there saying something funny to somebody about what a crock this whole thing is. And, I don’t want to give you the wrong impression. I don’t want you to think that I’m not honored by this, because I am. I feel very very honored, and its… But, it’s just that awards are stupid. Every real estate office has some frame five-diamond presidential award thing by the desk. Every hotel check-in has some gold circle service thing. Every car salesman is a platinum jubilee winner. It’s all a big jerk-off. It is. The hotel sucks. The real estate person is stupid. And, the only thing the car salesman is good at is ripping you off. And, why? Because awards don’t mean a goddamn thing. It’s stupid. They’re all stupid. All the award shows on TV, I mean really, honestly, it is beyond me that we feel the need to set aside a night to give out these jag off bowling trophies six times a year, so all these people can pat each other on the back, how much, about how much money they are making boring the piss out of the half the world. And, if I hadn’t already won all these awards I would not be talking like this. The truth is that the comedians should be the only one getting awards. We’re the only ones that have to actually think of something original and funny and interesting to say. You know how hard that is? You know how hard it was just to write what I’m saying to you right now? It was hard. This took a long time. But, we can do it. We can do it. I’m just, you know, sick of all these actors… I don’t know why we’re so fascinated with actors in this culture. They haven’t got a thought in their stupid bedhead hairdo mini brains. Why… We must honor this man, why? He pretended to be Bob Johnson! He’s a genius, I tell you! It’s genius what he’s doing! Playing dress up and pretend is not genius, ladies and gentlemen. It’s not genius. Roll the cameras, put on these clothes, stand there, ready, say we told you to say! Fantastic! He did it! Give this man a huge golden trophy. He’s a goddamn genius. Walking down the red carpet in these ridiculous outfit like they’re senators from Krypton. It’s just so stupid. But, what can I do? I have to thank HBO. I have to. All comedians, every…, these three guys and me owe HBO. We owe them. That’s why they’re here. You think these guys want to do this? They don’t want to do this. They owe. They gave you one hour HBO special. They were the first people that ever thought that I should be on TV for more than six minutes. And, I was introduced on that show by Carl Reiner. And.. I don’t…, you know, that’s it. What can you say about it? And, I’m very proud of this. And, it’s a thrill. I hope they do it again next year. This could be it, I don’t know. But, uh… This is a great important incredibly, you know, sweet thing and a meaningful thing in my life. Thank you very much, HBO. Thank you all for coming.

このような時、私は良き友、カール・ライナーの言葉を引用したいと思います。彼はよく私にこう言いました。「コメディアンに賞を与えるもんじゃない。」第一にコメディアンは賞を必要としていません。賞は仕事を探している人達のためのものです。我々は仕事を探していません。もし、コメディアンとして何がしかの才能があれば、既に山ほど仕事があるからです。荷造りと荷ほどきを繰り返してシワクチャになったスーツと、汗の匂いが抜けないシャツの入った鞄を引きずって、ありとあらゆる仕事のために我々は全国を飛び回っています。そして二点目、さらに大事なことですが、コメディアンという職業の本質は、ええかっこしいで自意識高めで自画自賛な、例えばこのイベントをコケにして笑いを取ることです。この会場に満ち溢れたうやうやしさと敬意は、私が人生に求めてきたものと全く反対のものです。私は本当は今ここに居たくないんです。私が今本当にしたいのは(客席後方を指差しながら)その辺りとか、どこかその辺りで隣の人に向かって、いかにこれがナンセンスであるかジョークを飛ばしていたいんです。ただ、勘違いして欲しくないのですが、私は決して感謝していない訳ではないのです。私は心の底から光栄だと思っています。ただ、賞という物はあまりに馬鹿げています。不動産屋にいけば必ず額縁に入った五つ星の社長賞が机に置いてありますし、ホテルのフロントにはゴールデン賞という丸い印の賞が掲げてありますし、車のセールスマンは皆プラチナ記念賞の受賞者です。しかし、どれも皆自慰行為です。本当です。ホテルは使えない。不動産屋は頭が悪い。車のセールスマンの唯一の能力は客からぼったくることです。なぜか?それは賞は全く無意味だからです。馬鹿げてます。全て馬鹿げてます。テレビで放映される全ての授賞式は…いや、正直私の理解力を超えているのですが、ボウリング大会用と同じしょうもないトロフィーを渡して、お互いに肩を叩き合って自分たちがどれだけ稼いでいるか自慢しあって世界の残り半分から嫉妬を買うために、なぜ年に6回もわざわざ夜を削る必要があるんでしょうか。勿論、私が今こうやって話しているのは、既にそれらの賞を全て持っているからですが。真実は、賞を受け取るべきなのはコメディアンだけだということです。実際に頭を使って、新しくて可笑しくて興味深い言葉を考えているのはコメディアンだけだからです。それがどれだけ大変な作業か分かりますか?今まで私が話した内容。その原稿を書くのがいかに大変だったか想像できますか?大変だったんですよ。物凄く時間がかかりました。でも、我々にはそれができるんです。私は俳優というものに飽き飽きしています。なんで皆そんなに俳優に興奮するんでしょう?彼らはそのちゃちゃい脳みそで何にも考えてませんよ。なぜ、我々はこの男を称えなければならないか?彼がボブ・ジョンソンのふりをしたからです!彼は天才だ!彼のやっていることは天才のなせる技だ!衣装を着て誰かのふりをするのは天才じゃないですよ、会場の皆さん。天才なんかじゃない。カメラを回せ、この衣装を着ろ、用意はいいか、言われた通りの言葉を言え!素晴らしい!やったぞ!この男に巨大な金のトロフィーを与えよう!彼は天才だ!赤い絨毯の上をクリプトン星からやって来た使者かのような下らない格好をして歩いて。馬鹿馬鹿しい。しかし、私にはどうにもできません。私はHBOに礼を言わなければいけないからです。礼を言う義務があります。全てのコメディアンは…ここにいる3人と私はHBOに恩があります。だからここにいるんです。彼らが好きで今ここに座ってると思いますか?そんなわけありません。恩があるからです。1時間のスペシャル番組をHBOはくれました。彼らは私が6分以上テレビに映る価値があると最初に思ってくれた人たちです。そして、その番組に出させてくれたのはカール・ライナーでした。だから…まあそういうことです。何も言えないじゃないですか。私はこれをとても誇りに思ってます。エキサイティングなことです。また来年も是非やってほしいですが、これが最後かもしれないです。私には分かりません。ともかく、これは私の人生にとってとても重要で、信じられないぐらい有り難くて意味のあることです。どうもありがとうございます。皆さん、来てくれてありがとう。