オッズが低くても果敢に結婚する人間どもの話

大分昔の動画で、今の人権意識とはちょっとズレが有るかとは思いますが、その歯に衣着せぬ物言いが面白いと猛烈なファンも多いビル・バーのまだ若かりし頃のネタ(オーストラリアツアーの時のネタらしい)をご紹介します。独身男性だったら自由を取って孤独を耐えるか、伴侶を持って束縛を耐えるかというのはなかなか結論の出ない問題なんではないかと思います。ビル・バーはハッキリと「俺には無理」と言い切っていて、その理由(言い訳)が面白いです。もっとも、現在彼は結婚して可愛い娘さんの良きパパになっていますが(笑)。

 

 

Bill Burr – Why the hell people keep getting married?

Let’s get the comedy rolling. All the way from United States of America, Mr. Bull Burr.

Yeah. (applause)

All right. Thank you. Thanks a lot. How’s it going? (Good) Great. It’s nice to be here. I’m at that age where everybody I know is getting married. Let me ask you a question. Why the hell do people keep getting married? You know what I mean? Isn’t anybody looking at the stats? I mean, three out of four marriages go right down to shit, all right? If you’re going skydiving, and they told you three out of four parachutes weren’t going to open, you’re like, “Fuck that. I’m not going”. Of course. I don’t like those odds. I have a 75 percent chance of splatting on the ground. But, there’s something about the marriage. People just have to do it. They’re just like, “Is this the line to lose half my shit? Awesome! This is going to be great”. No, I’m just kidding. I love women. I’m just not compatible with them. They’ve all got too much energy for me. You know what I’m saying. They always have to be doing something. You know, they can’t take a day off. You can’t have a day off when you have a girlfriend. They just see an open day, they’re like, “Oh my god. Let’s fucking fill it up with shit”. Oh, they just come at you with one horrible idea after another. They have the worst ideas. They do. Do you ever get used to, like, “You want to go to brunch? You want to go to brunch on Sunday”? Inside you, you’re like, “Fucking, no!” You can’t say that. You’ve got to keep her happy, right? So, what do you do? You agree. “Yeah, let’s go to brunch. What a great idea! Why would you want to sleep in on a Sunday when you can go pay 52 dollars for eggs. Now, you’re thinking”. Then, we can sit around and listen to your friends have moronic conversation about the eggs, you know, like, “Is that pesto? Is that pesto in your omelette? Oh, it’s asparagus. It’s asparagus. I thought it’s pesto”. I was dating this girl recently. She was like, really, like into women’s issues, you know? Because, women always go on TV and they say all they want is to be treated exactly like guys. But, when you listen to them, they don’t. All they want is a good shit of being a guy. They’re cherry picking. They look at a guy’s life like it’s a buffet, right? Like, you just start picking out stuff like, “Same amount on an hour, we’ll take some of that. Pay for the movie, fuck that. You can keep that. This is nice. That’s yucky. That’s icky”. Come on people. You can’t choose. This girl gives me shit. She goes, “Why does a guy make more an hour to do the exact same job”? I go, “I tell you why. Because, in the unlikely event that we’re both on a Titanic and it starts to sink, for some fucked up reason, you get to leave with the kids and I have to stay”. That’s why we get more an hour. You hear a bump in the night, I’ve got to go check it out like, “Yes, he does have a knife”. Anytime there’s a hostage situation. Who do they negotiate for? “Well, at least, let the women and the children go”. What about me? You think I want to stay in the vault? There’s twenty other sweaty guys, sharing a bag of peanuts, you know, praying to God, “I’m not the hostage that gets dragged out by the psycho. Gun to my head. He’s asking the cops for a helicopter, which I know, he’s not going to get, right? I know he’s not getting the helicopter. So, I’m going to make idle conversation with a 38 to my head, going, “Dude, go for a rent-a-car. I think you should go for the rent-a-car”. See what I’m saying? Where are all those feminists then? You can’t find them. There’s no feminists in a house fire. You can take the most hard-core feminist, you know, some chick right in your face. you shove up in a sick son of bitch, you know, short little haircut, you know. Second those flames break out, she’ll twist those little hairs into pigtails. “Oh, I’m just a girl. I want to play jump rope. No? That’s why I hated the move, Titanic. Every girl I meet thinks the movie is romantic. It’s irritating. “That was really romantic, don’t you think”? It’s like, “No! It’s a fucking horror film”. And, they’re always like, “Why”? Because all the guys die. See? You’re watching it trying to relate: “Who would I be”? You’d be that chick floating away in a big piece of luggage, right? I’m watching it going, “Who would I be?” I’d be that dude when the boat breaks in half, that dude falls straight down and bangs off the shit and goes in the water. That’s who I’d be. I’d be wearing a tuxedo, not because I wanted to, but you wanted to dress up that night, right? I’d be falling… I’d be falling all the way down, going, “I should have fucked that chick in the first class! (ding)” Hey, listen. I’m out of time. You guys are fun. Thank you very much!

さあ、続いてまいりましょう。アメリカ合衆国からはるばるやってきました。ビル・バーさんです。

イェーイ (拍手)

どうもー。ありがとう。ありがとうございます。調子はどう、皆さん?(客席: いいです) 素晴らしい。今日はここに出られてよかったです。俺は今ちょうど知り合いが皆結婚する年頃になってきてるんだけど、一つみんなに訊きたいんだけど、どうしてみんなそんなに結婚したがるんだい?誰も統計データを見ないのかね?だって夫婦4組のうち3組の結婚はオシャカになるんだぜ?これが例えばもしスカイダイビングで、4つ中3つのパラシュートは開きませんって言われたら「絶対行かねー」ってなるだろ?確率高すぎだろ。75%の確率で地面でぺちゃんこになるんだから。だけど、結婚ってやつにはなにか特別なものがあるらしい。とにかくみんな結婚したがる。みんな「財産を半分失うための行列はこれですか?最高じゃん。いやー楽しみだなあ」って並んじまうんだ。勿論、タダの冗談だよ。俺も女は好きだからね。ただ、やつらのやり方にはついていけないだけなんだ。女はエネルギーが有り余ってて俺にはトゥーマッチなんだよ。やつらはとにかく常に何かしてないと気がすまない。今日は休み、とかないんだ。だから、彼女がいると野郎も休みがない。彼氏のカレンダーに空白欄を見つけると「あ!この日空いてるじゃん。予定入れちゃおうっと」ってしょうもない用事を詰め込みやがる。で、次から次へ酷いアイデアを野郎にぶつけてくるんだ。一つもろくなことを思いつかない。一体どうやったら「ブランチいく?日曜日ブランチしようよ」っていうのに慣れることができるんだ?勿論、心の中は「絶対イヤだ。」でも言えないだろ。彼女を喜ばせるのが仕事だからな。どうするかって言ったら同意するしかない。「いいねー、ブランチ行こう行こう。さすが名案を思いつくね。日曜日一日家で一日ごろごろしてるぐらいだったら、たかが卵に52ドル払ったほうがいいよね。頭いいなあ。」それで、そのブランチの席で友人が卵について下らない話をするのを延々と聞くんだ。「これはペストソース?そのオムレツに入ってるのはペストソース?ああ、アスパラガス。アスパラガスだって。私ペストソースかと思ったー。」最近付き合ってた女の話なんだけど、こいつは女性問題にものすごい関心があってね。だってテレビをつけたら女性はみんな「私達は男性と同等に扱われたいだけです」って言ってるだろ?でも、よーく聞いてみるとそうじゃない。本当に欲しいのは男が享受してる良い部分だけだ。いいとこ取りしたいだけなんだ。奴らからしたら男の人生っていうのはビュッフェ形式のレストランみたいなもんで、そこから欲しいものを皿に取っていく。「同じ時給、これはゲットね。映画代割り勘、これは要らないわ。あなたとっといて。これは素敵。これはまずそう。これはやばそう…。」おい、女ども。選り好みすんなよ。で俺の女は「どうして全く同じ仕事をしてるのに男のほうが時給が高いのよ?」っていいやがる。だから、俺はこう答える。「理由を教えてやろうか。もし仮に、可能性は低いとしても俺たちがタイタニック号に乗ったとして、船が沈み始めたとしよう。その時はどういうわけだか知らんが、とにかく女子供は逃げてオッケーだが、男は船に残らなきゃいけないんだぞ」。だから、男のほうが良い時給なんだ。お前が夜物音で目を覚ましたとき、確認しに行くのは俺だぞ。で、「お前の行ったとおり、やつは包丁を持ってたよ」って刺されながら報告するんだ。人質事件が起きたとき、交渉人はまずなんて言うよ?「女性と子供だけでもいいから開放しろ」じゃ俺はどうなるんだよ?好きで金庫に閉じ込められてるとでも言うのか?一緒に閉じ込められた汗臭いもうあと20人ほどの野郎たちと一袋のピーナッツを分け合ってさ。で、神に祈るんだ。「どうか、このキチガイが俺を引きずり出して人質にしませんように」拳銃を頭に突きつけられてさ。やつは警察にヘリコプターを用意しろっていうんだ。でも、ヘリコプターなんて絶対無理だろ。だから、俺は38口径の銃口を頭に感じながらできるだけフレンドリーにやつにこういうんだ。「おにいさん、多分レンタカーを要求したほうが良いと思うよ。」俺の言ってることが分かるか?そういうシチュエーションのときにフェミニストは一体どこにいるんだ?いないだろ。家が火事で燃えてるときにフェミニストなんてやってられないんだよ。髪を短く切って猛烈な勢いでまくしたてるフェミニストだって、火が回り始めた途端に、その短い髪の毛を強引に結いてポニーテールならぬピッグテールを作ってこう言うよ。「私、タダの女の子。縄跳びが大好き」って。ダメですか?こういうこと言っちゃ。とにかく、だから、おれは映画のタイタニックが大嫌いなんだよ。会う女会う女、あの映画がロマンチックだとか言いやがる。超イライラするわ。「えー、だってとってもロマンチックだったと思わない?」「全くもってノーだ!逆にホラー映画だし」「えー、どうしてー?」だって野郎はみんな死んじまうんだ。分かるかな、俺の云いたいこと?女はあの映画を見て「私だったらどの役だろう?あの大きなカバンに捕まって海を流れていく女の子かしら?」俺はあの映画を見て「俺だったらどの役だろう?俺だったら船が2つに割れたときに真っ逆さまに落ちながら途中でスクリューにぶつかってそれから海に落ちていくあいつかな」って。しかも、その時俺はお洒落したくてタキシードを着てるんじゃなくて、お前が「今夜はきれいな格好したい」って言うから着てるだけだ。で、落っこちながら思うんだ。「こんなことならせめてあのファーストクラスの女とやっておくんだった~(ゴーン: 船に当たる音)。」みんな、俺の時間はこれでおわりだ。楽しかったよ。どうもありがとう!