英語の語順だからオチが成り立つ音楽ギャグ

Screen Shot 2018-06-26 at 2.52.53 PM.png

ティム・ミンチンはイギリスの弾き語り系コメディアン。普段はピアノと自分の歌だけで社会風刺をしたり、「枠を3分だけ貰ったけど自分の歌はいつも長いんだ、どうしよう。3分に収めなきゃ」と言う歌を3分ちょうどで歌ってみせたりするのだけど、この2011年の動画はBBCオーケストラがバックという豪華な舞台で、いつもながらのユーモアのセンスを発揮しています。私のミュージシャン仲間は「ヤバイ、やられた」と絶賛していますが、果たしてミュージシャンじゃなくても面白さが伝わるでしょうか?

Tim Minchin: F sharp

I’ve been having a little problem recently

Which is quite disturbing musicalically

Involving a semi-tonal discrepancy

Vocally and instrumentally

You see musicians of different varieties

Prefer playing in particular keys

And singers too treat preferentially

Those notes they tackle more proficiently

Now you don’t have to be a member of Mensa

To understand the depths of my dilemma

The two elements of me

Favor two different keys

Thus the rift betwixt my fingers and my tenor

I like nothing more than playing instruments in F

It warms the very cockles of my heart

The trouble is that F

Can leave me vocally bereft

You see, I like playing in F major

But I like singing in F sharp

F sharp

F sharp

I refuse to be beholden to my hands

I don’t see why my larynx should give in to their demands

I’ll not be forced to compromise my art

And so I just keep playing in F major

And singing in F sharp

F sharp

F sharp

I’ll keep playing in F major

But I’ll keep singing in F sharp

私の最近の悩みは

音楽的にとてもイラッとすることです。

それは半音階が生み出す不協和音

声と楽器の不一致です

音楽家には色んなタイプがいますが

それぞれ好みのキー(調)を持っています

もちろん歌手にも好みはありますが

彼らはもっと技術的な理由で戦っています

メンサに入れるほどのIQがなくても

私のジレンマはわかってもらえるでしょう

私の中の二人の音楽家

私の手と私のテノールが

別々のキーを好むのです

楽器を弾くならキーはF

私のテイストに最もかなってます

問題はFがキーだと

歌うのが辛い、つまり

演奏するならFメジャーがすき

でも、歌う時に好きなのはF…シャープ

Fシャープ

Fシャープ

手に自分が制約はされたくない

なぜ喉が手の要求に屈しなきゃいけないか分からない

私のアートは妥協を許さない

だから、私はFメジャー

で演奏しながら歌うのはFシャープ

Fシャープ

Fシャープ

私はこれからも演奏はFメジャー

歌うのはFシャープ