ディスニー嫌いが子供のためにディスニーランドに行く話

Screen Shot 2018-06-28 at 9.45.33 AM.png

ジム・ギャフィガンはcurse words、つまり汚い言葉や人を罵る言葉を一切使わずに人を笑わせることのできる数少ないスタンドアップコメディアン。そのクリーンさが評価されて、ローマ法王の前でも芸を披露しています。彼は「また子供が生まれました」(会場からおめでとう!の声)「5人目です」(シーンと静まり返る会場)と、アメリカでは今どき珍しい5人の子供のお父さんでもあります。奥さん、子供たちとニューヨークの2BR(two bedroom=3LDK)に7人で暮らす様子をネタにしたり、自分の大食漢ぶりをネタに共感を呼んでいます。その彼が大家族を連れて、自分は全く興味のないディズニーランドに子供達を連れて行った時の話がこれです。

Jim Gaffigan: MR. UNIVERSE – “Disney”

Last summer, we did our first big family vacation. Well, I should clarify we went to Disney. Now, if you haven’t been to Disney as an adult, just imagine you’re standing in line at the DMV, and that’s it. Actually, it was Orlando in July, so it’s kind of like standing in line on the surface of the sun. Why would we do this to ourselves? When you’re a kid, you go on vacation, you’d be like: “Why is dad always in a bad mood?” Now, I understand. How can I spend an enormous amount of money, be uncomfortable, and listen to my children complain and whine? Disney! Oh, good. I did figure out what makes Disney truly magical, though. You can walk around sweating your ass off for 12 hours, and still gain weight. I know it’s 110 out here but these fries taste great. We eat, you know, because we want to have good time. Really, that’s all a vacation is. Just, us eating in a place we’ve never been. Well, why don’t we eat something, then we’ll go and get something to eat? And, we’ll see that thing we’re supposed to see. They’ve probably got a snack bar there, right? After that, we should probably get something to eat, though. Then, we’ll eat something. We eat, because there’s pressure to have fun on your vacation, right? But at Disney, it’s like a desperation. You see it on the faces of parents like, “This was an enormous mistake. I hope you’re having fun. It was either this or send you to college”. I stood in line for an hour and 15 minutes for the Dumbo ride. After a minute, I was like, “I’m the Dumbo”. I’m waiting to see myself. At the end of the line, there’s just going to be a mirror, and some guy going, “Dumbo!” Some of those rides at Disney, they make you realize how far we’ve come with amusement parks. Like, I was on that ride, “It’s a small world”. Wow, there was a time when people found this entertaining? You could be on acid and you’re like, “I’m not getting anything here. I think I’ll go back to staring at my hand. Yeah, that’s better. Only I have two of these”. There’s a lot of those rides at Disney. They were developed in the 70s. There were no competition. They were making up rides. It’s just some guy going, “All right. How about a bumper car goes into a dark room and there’s a picture of Winnie the Pooh? People stand in line for an hour for that, right? Here, I got another one. What if we hollow out a log and throw them over a waterfall? We’ve got their money. What are they going to do?” I have to admit my favorite ride was the air-conditioned bus back to the airport. Well worth the wait. If you don’t like Disney, then why would you go? I went because I love my children. Now, you know, there are adults without children that go to Disney, and they’re called weirdos. Very nice people, absolutely crazy. Even the comic-con people are like, “Yeah, they’re a little frightening. I got a Batman living room, but these people are scary”.

 

去年の夏、うちの家族はようやく初めての家族旅行に行きました。行き先はディズニーランドです。大人になってからディズニーランドに行ったことのない人たちのために、それがどんな感じだったか一応言っておくと、まず自動車試験場に免許の更新に来た自分を想像してください。以上です。いや、行ったのは7月のフロリダだったので、その待ち行列が太陽の表面だったらと思ってください。なんでこんなところへ来てしまったんだー!子供の頃、学校が休みになるといつも不思議だったのは「なんでお父さんはいつも不機嫌なんだろう?」ということでした。今は理由がよく分かります。一体どうしたら大金をはたき、不快な思いをしながら、子供達が不平を言ったりグズる姿を見ることができるだろう?正解は「ディズニー」。よかった!それはともかく、私は何がディズニーを本当に魔法体験にしているか、その謎を解きました。お尻に汗をいっぱいかきながら12時間も歩きつづけても、それでも太ることが可能だというマジック。いやあ、気温が43℃もあるのは分かってるけど、このフライドポテトは最高だね。とにかく食べる。みな良い時間を過ごしたいからね。旅行の本質は食べることなんじゃないかな。みんなで行ったことのない場所に行って何か食べる。えーと、とりあえず軽く腹ごしらえして、それから何か食べに行こうか?それから例のあの、見といたほうがいいってみんなが言ってるあれを見に行こう。そこにも確かスナック・バーがあったよね?で、その後、一応何か食べるものを確保して、それからまた食事に行こうか。旅行に行くと「せっかくなんだから楽しまなきゃ」って、ついつい食べ過ぎちゃうんだよね。で、これがディズニーになると強迫観念のレベルになる。親御さんたちの顔を見ればその必死さが分かるよ。「とんだ大失敗だ。せめて君達が楽しんでくれてるといいんだけど。ここにくるか、もしくは君達を大学に送るかの二者択一だったからね」。「ダンボ」の列には1時間15分も並んだよ。で、並び始めてすぐ気付いたよ。ダンボは俺じゃん。なんで自分自身を見るために行列に並んでるんだ、俺は?列の先頭にはきっと鏡が一枚だけ置いてあって、誰かが俺を指差して「ダンボだ」って叫ぶに違いない。ディズニーの乗り物って、遊園地の進化の歴史を感じさせるよね。例えば「イッツ・ア・スモール・ワールド」。すげーな、これが娯楽として通用していた時代があったなんて。仮にLSDでラリってたって「なにがすごいの、これ?」ってなるよ。「つまらないから、また自分の手を見つめようかな。うん。やっぱ、こっちの方がいいわ。手が二つに見えるわ。」ディズニーには乗り物が沢山あるけど、それらが作られた70年代当時はまだ競争が激しくなかったから、その場の思いつきででっち上げられたんだと思う。きっと誰かが「えーと、例えばこんなのはどうかな?ミニ電車に乗って暗がりに入って行って、その先にくまのプーさんの絵が貼ってあるってのは。みんなその為だったら1時間ぐらい列に並ぶよな?あともう一つ思いついた。丸太の中をくり抜いて滝の上から落とすってのはどうだ?どうせもう入場料は取った後だ。やつらにはどうにもできないしな。」正直なところ、俺が一番気に入った乗り物は、空港行きのエアコン入りのバスだったよ。あれは待っただけの甲斐があった。「そんなにディズニーが嫌いなら行かなきゃいいじゃない」俺が行ったのは子供達を愛してるからだよ。勿論、世の中には子供がいなくてもディズニーに行く人達もいる。彼らは一般に変人と呼ばれているけどね。とっても良い人達だよ。頭が完璧におかしいけど。マンガおたくの人達でさえ彼らを見ると「確かにちょっとビビる。そりゃ俺だってリビングがバットマン一色だけど、奴らの方がマジ怖いわ」

訳注

DMV: Department of Motor Vehicles (運輸省)

110: 華氏110度は摂氏で約43

acid: LSDのこと

comic-con: comic convention コミコン、マンガの大規模イベント