Mr.ビーンは喋っても面白い

ローワン・アトキンソンと言う名前は知らなくても「Mr.ビーン」を知らない人はいないのではないか、と言うぐらいあのキャラクターの印象は強烈だ。Mr.ビーンは基本的には全く話さないが、勿論ビーン演じるローワン・アトキンソンはビーン以外の役では普通に話すし、喋っても勿論面白い。歌手のエルトン・ジョンをゲストに迎えて行ったこのインタビューで、ローワンは執拗にエルトン・ジョンと言う名前の不自然さを追求する。エルトンが何度かわしても淡々とまた同じ攻撃を繰り返すローワンに注目してもらいたい

Rowan Atkinson – Interview with Elton John

 

Rowan Atkinson (RA): Good evening and welcome to the national theatre for this, the third in our series of informal conversations with major performers. It has been a very exciting season so far, which has encompassed such performing giants as Ian McKellen, Dame Judi Dench, and of course, Christopher Biggins.

RA: But tonight we are to welcome a man, who, although no giant has nevertheless made a huge impression in his chosen field. Ladies and gentlemen, Mr. Elton John.

RA: Elton. Do you mind if I call you Elton?

Elton John (EJ): No, that’s fine.

RA: Good. Well. Elton.

RA: I’m sure the first question that everybody would like to ask you is this. Funny name, Elton. How did you come by it?

EJ: Well, I used to be in a band and I wanted to become a singer in my own right and I wanted to choose a name and a saxophone player in the band was called Elton, so I chose that name.

RA: Did you ever consider John Elton?

EJ: No.

RA: You.. you didn’t.

EJ: No.

RA: Okay.

RA: Right. Well, let’s start with those early albums, then. One of which I believe was called simply “Elton John”.

EJ: Yes. That’s correct.

RA: When you didn’t feel awkward with the name at all.

EJ: No.

RA: You didn’t feel that people might say, “Wait a minute. They mean John Elton. They cocked up the record sleeve and printed the bloody name the wrong way around”.

EJ: No, I thought it sounded great and you know I thought people would be more interested in the music rather than the name.

RA: (hmm)

RA: Now, to the songs themselves. Many of the lyrics were, of course, written by Bernie Taupin.

EJ: Yes, that’s right.

RA: Well, I’d like to talk about Bernie for a while since obviously he’s been an enormous influence on your career.

EJ: Yes, he has.

RA: Tell me. Did you ever discuss changing his name? Because presumably Taupin Bernie would’ve been more consistent with your Elton John.

EJ: Look. Do you want to talk about the old songs or not?

RA: Alright, alright, the songs. The old songs. Your song is a classic, isn’t it?

EJ: Yes. Quite popular, yes.

RA: Well, there is a verse in that song in which talking about the eyes of the person that the song is about. You sing, “Excuse me for asking. These things I do. You see, I’ve forgotten if they’re green or they’re blue”.

EJ: Yes.

RA: What I’d like to know is this. Is it this sort of chronic forgetfulness that led you to forget that Elton is not in fact a Christian name at all. It is a surname. And, uh, not a very attractive one at that.

EJ: Let’s talk about something else, shall we? Forget the name.

RA: Alright, Mr. John.

RA: Let’s talk about being a stage performer, should we? Tell me. Do you ever watch other performers and get jealous?

EJ: I.. I’m not sure.. I don’t follow you there, I mean, jealous of what?

RA: Well, for instance, Ben Elton.

EJ: I don’t have to do this, you know.

RA: Alright, alright. Look, I’m sorry. Look, I’m sorry. Alright. Fair enough moving on, then. Many consider your masterpiece, of course, to be the album “Goodbye Yellow Brick Road”. And, there is one song that people are particularly moved by called, called “Candle in the Wind”.

EJ: Yes. A lot of people seem to like that song.

RA: Now, this song is in fact dedicated to Norma Jean Baker, who, of course, changed her name to Monroe Marilyn.

EJ: Marilyn Monroe.

RA: My point exactly! Marilyn is a Christian name, so it comes first. Can’t you see that? You were blind or something. I mean it’s…

EJ: I’ve had enough of this.

RA: Alright, no, no, no, wait please. I’m sorry. Sit please. It was my mistake. I’m sorry. There’s only one more question to go. It won’t take long, really. It won’t take a moment. There’s only.. I’m.. Please sit down.

RA: One final question. You’ve obviously achieved enormous success over the years. But, in fact, you didn’t have a solo British number one until this year with a song called “Sacrifice”. Now, my big question is this. Surely, you wouldn’t have had to wait so long for a number one if hadn’t it been for your stupid pointless bloody name!

EJ: What a head dick!

日本語訳(意訳)

Rowan Atkinson (RA): 皆さんこんばんは。そして、ようこそ国立劇場へ。メジャーアーティストとカジュアルなトークを行う本シリーズも3回目を迎えました。今シーズンも非常にエキサイティングな内容で、大物アーティスト達を数々迎えてきました。イアン・マッケラン、デイム・ジュディー・デンチ。そして勿論、クリストファー・ビギンズ。

RA: 今夜迎えるのは他の巨匠達も成し得ないほどその世界に多大な影響を与えた男です。お迎えしましょう。エルトン・ジョンさんです。

RA: エルトン。エルトンと呼んでもいいですか?

Elton John (EJ): ええ、構いません。

RA: そうですか。では、エルトン。

RA: では最初は皆さんも訊きたがっているであろう質問です。エルトン。面白い名前です。どうしてこの名前になったのですか?

EJ: えー、それは以前私はバンドに所属していて、ソロデビューしたいなと思っていた時に名前を考えていたんですが、バンドのサックス担当がエルトンだったので、そこから取りました。

RA: ジョン・エルトンにしようとは思わなかったのですか?

EJ: いいえ

RA: え?思わなかった?

EJ: いいえ

RA: ま、いいか…。

RA: では、初期のアルバムの話からしましょうか。その中の一枚のタイトルは確か「エルトン・ジョン」でしたね?

EJ: はい、その通りです。

RA: 変な名前だとは全く思わなかった…⁈

EJ: いいえ

RA: 人々にこう思われるとは思いませんでしたか?「待て待て、ジョン・エルトンだろ。きっとジャケットの誤植で名前を刷り間違えたんだ」と。

EJ: いや、とても良い響きだと思ったし、人々は名前よりも音楽に興味を持ってくれると思ったからね。

RA: (はぁ)

RA: では、歌の内容の話に移ります。ご存知の通り、多くの曲をバーニー・トーピン氏が作詞しました。

EJ: はい、そうです。

RA: では、バーニー氏について暫く話したいと思います。彼は貴方のキャリアに多大な影響を与えた人物ですからね。

EJ: そうですね。

RA: では訊きますが、彼の名前を変えることは検討しましたか?なぜなら、単純に考えて、トーピン・バーニーの方が貴方のエルトン・ジョンにマッチしますよね?

EJ: 曲の話をしたいんですか?したくないんですか?

RA: 分かりました、分かりました。曲の話でしたね。貴方の曲は名曲揃いですね。

EJ: ええ、とてもヒットしましたね。

RA: ある歌の中で貴方はその歌のテーマになった人物の目についてこう歌っています。「尋ねてもいいですか?私がよくやること、つまり、貴方の目が緑だったか青だったか忘れてしまったのです」。

EJ: ええ

RA: 私が知りたいのはつまり、この慢性的な忘れっぽさが原因で、貴方はエルトンは下の名前にはなり得ないということを忘れてしまったのでしょうか?エルトンは苗字ですよ。しかも、どのみち大して魅力的な名前でもありませんし。

EJ: 別の話をしましょう。名前のことは忘れてください。

RA: 分かりましたよ、ミスター・ジョン。

RA: では、パフォーマーとしての貴方について話しましょうか。教えてください。これまで他のパフォーマーを観て、嫉妬したことはありませんか?

EJ: 言っている意味がよく分かりません。何に私が嫉妬すると?

RA: 例えば、ベン・エルトン氏にです。

EJ: こんなインタビューやる必要なんかないんだぞ、分かってるか?

RA: 分かりました、分かりました。すいません、すいません。仰る通り。次の話題に移りましょう。多くの人がアルバム「Goodbye Yellow Brick Road」を貴方の最高傑作だと考えています。そして、その中の曲「Candle in the Wind」は多くの人に感動を与えました。

EJ: ええ、沢山の人に気に入ってもらえているようです。

RA: この曲はノーマ・ジーン・ベーカーに捧げられた歌ですが、彼女は後にモンロー・マリリンに改名しましたね。

EJ: マリリン・モンローです。

RA: だからそれをさっきから言ってるんです!マリリンは洗礼名だから姓より先に来る。どうしてそんな明白な事実が分からないのかな。

EJ: もう沢山だ。

RA: いやいやいや、ごめんなさい。どうか。私が悪かった。すみませんでした。あともう一つだけですから。直ぐに終わりますから、どうかおかけください。

RA: では最後の質問です。貴方はこれまでのキャリアで長きにわたって大成功を収めてきました。しかし、貴方がソロでイギリスのチャートナンバーワンになったのは、今年発表した「犠牲」という 曲が初めてでした。つまり、私の質問はこうです。 こんなに長くかかる必要はなかったはずではないですか?貴方のその下らない無意味な名前さえなければ!

EJ: このカバ野郎!

※本当はdickheadというところを逆のhead dickと言っているのがオチだと分かりましたか?